NOSAIとは

トップ > NOSAIとは > 特徴・しくみ

NOSAIとは

農家の皆さんと国が災害に備えて掛金を出し合って、共同準備財産として積立を行い、災害が発生したとき損害に応じて共済金を支払い、農業経営の安定を図るという相互扶助を基本とした制度です。

NOSAIの特徴

1
事業実施が法律(農業災害補償法)で義務づけられています。
農業は自然条件に依存し、不可抗力的な災害で大きな損害を受けやすいということから、国の災害対策の一環として政策的観点からつくられた制度です。したがって法律(農業災害補償法)に基づいて、日本全国で実施されています。
2
当然加入の事業があります。
一般保険では成立しがたい事業のため、危険分散を図るという目的から、水稲・麦が一定規模以上の農家には当然加入の制度を設けています。
3
掛金や事務費に大幅な国の負担があります。
農家が負担すべき掛金や、NOSAI団体等が事業を運営するための主な経費について、国が多額の財政負担をしています。
4
損害防止事業を積極的に実施しています。
農業災害に対する損失補てんという本来の機能のほか、水稲の共同防除や病害虫発生予察強化事業などの、リスク・マネージメント総合支援活動を通して地域農業の支援に寄与しています。

NOSAIのしくみ

農業災害は広い範囲に及ぶことが多くかつ被害が激甚になると、組合等単位での補償では限度が生じます。このことから、組合、連合会、国の三者が危険分散を図るためのスクラムを組んで責任の分担を行う仕組みになっています。

NOSAIのしくみ